埼玉医科大学 病理学・中央病理診断部

学会発表

第11回欧州神経病理学会


2016年7月6日~9日の4日間、第11回欧州神経病理学会がフランスのボルドーで開催されました。この学会は4年に1回、欧州各地で開催され、ヨーロッパの参加者が主体ですが、米国、南米、アジアからも参加者があります。今回の参加者は約320名で、日本からは佐々木を含む6名が参加しました。今年は、脳腫瘍WHO分類が改訂されたので、その動向に関する演題で活発な議論が交わされました。


105回日本病理学会総会


2016年5月の第105回日本病理学会総会(仙台)で本学の医学生が英文のポスター発表を行い、学部学生最優秀ポスター賞を受賞しました。医学部病理学では数年来、課外学習プログラムとしてESS(英語研究会)部活動をサポートし、日本病理学会総会での学生ポスター発表を続けてきました。活動は放課後や長期の休みに限られますが、顕微鏡を見たり、実験をしたり、文献を調べて討論を繰り返すなど、研究生活の一端を体験しながら、今回の受賞にたどり着くことができました。拍手喝采。


第104回日本病理学会総会


2015年5月2日、第104回日本病理学会総会が名古屋市で開催され、その最終日、本学のESS(英語研究会)の学生さんが参加し、ポスター発表を行いました。ここ数年、ESSの活動として行うCPC(臨床病理検討会)を我々がサポートしており、その成果を学生さんたちが病理学会で発表しています。特に今年から英語表記でのポスター作成が推奨されるようになり、彼らも熱心に全編英語のポスターを作成し、立派に発表をやり遂げました。拍手。


第12回骨髄病理国際ワークショップ


2015年4月16日〜19日の4日間、第12回骨髄病理国際ワークショップがイタリア・ミラノで開催されました。このワークショップは欧州血液病理学会の骨髄ワーキンググループ部会が隔年で開催しているもので、ヨーロッパを問わず世界中から参加者があり、日本からの唯一の参加者として茅野が参加しました。今年は、現行の造血器腫瘍WHO分類(2008年版)が2016年にアップデートされるので、その動向に関する演題が話題を呼びました。


第69回 埼玉病理医の会 (H27年2月13日)


埼玉病理医の会開催報告

第69回埼玉病理医の会が,平成27年2月13日に埼玉医大かわごえクリニックにて開催されました.この集会は,埼玉県の病理医がその技量と知識向上,意見・情報交換,と相互親睦を目的として1年に3回程度開催されています.今回は当教室の佐々木が世話人となり,行われました.埼玉医大,防衛医科大学校,県立小児医療センターから卵巣腫瘍,脳腫瘍,乳腺腫瘍,リンパ腫症例が提示され,活発な討論がなされました.


全 19 件中 11 〜 15 件目を表示 1, 2, 3, 4

« 前の5件 次の4件 »