埼玉医科大学 病理学・中央病理診断部

学会発表

第103回 日本病理学会総会 医学部ESS(英語研究会)


去る2014年4月、医学部ESS(英語研究会)部員の学生さんたちが広島で開催された第103回日本病理学会総会でポスター発表をおこないました。これは2013年度の課外学習プログラムとしてESSの部活動と病理学とがリンクしたもので、昨年秋に東京で開催された、英語で行うCPC臨床病理検討会大会にエントリーした3症例の報告を行いました。学会での発表は日本語でしたが、外科の協力を得て発表内容を追加したり、HE染色標本ではわかりにくい「心不全細胞」を鉄染色標本で観察するなどのさらなるブラッシュアップが見られました。 彼らからは「基礎医学と臨床医学のつながりがよく理解できた」「病理組織像が読めると他診療科の臨床実習に役立つ」との声も聞けました。