埼玉医科大学 病理学・中央病理診断部

学会発表

第62回日本臨床細胞学会総会


第62回日本臨床細胞学会総会が,現地とwebのハイブリッド形式で開催されました.初めての口頭発表で緊張しましたが,現地とwebの両方で質問を頂き,非常に有意義な学会になりました.
(臨床検査技師:稲田 博輝)


第59回日本臨床細胞学会秋期大会


第59回日本臨床細胞学会秋期大会が、現地とWebのハイブリッド形式で開催されました。Web上でご質問をいただき、応答するにあたり、自身も発表症例への理解が深まりました。
(臨床検査技師:細沼沙紀)


第61回日本臨床細胞学会総会


第61回日本臨床細胞学会総会が6月20日~7月19日にWeb開催されました。
「進行性多巣性白質脳症の一脳生検例」を示説発表しました。
Webコメント賞を受賞し,長野県上田市の特産品を頂きました。
(臨床検査技師:土居美枝子)


第58回日本臨床細胞学会秋期大会


第58回日本臨床細胞学会秋期大会が岡山県で11月16~17日に開催され,乳腺の症例報告(示説)「悪性葉状腫瘍に発生した扁平上皮癌(癌肉腫)の一例」を発表致しました.
天候にも恵まれ,有意義な発表ができました.
(臨床検査技師:政岡秀彦)


第95回米国神経病理学会参加とジョンズホプキンス訪問




2019年6月6日~9日の4日間開催された第95回米国神経病理学会に発表、参加しました。今年の学会はMatthew Frosch先生(MGH)が会長を務められ、アトランタで開催されました。今回は日本全国多施設から集められた小児髄芽腫約190例の病理および遺伝学的特徴の発表を行いました (A)。米国の小児脳腫瘍病理の専門家との討論もでき、新たな知見が得られました。
学会終了後、ボルチモアのJohns Hopkins Hospital (JHH)を訪問してきました (B)。私は現在、埼玉医大学生交換留学制度でJHHのコーデイネーターを務めている関係もあり、現地の状況見学と情報収集が目的でした。病理学全体の運営責任者であるRalph Hruban教授 (C)や神経病理学の責任者であるCharles Eberhart教授らと面会し、交換留学制度への大変好意的な意見を頂きました。個人的には1979年春医学部5年時のJHH見学後、40年ぶりのJHHであり大変懐かしく思いました。米国医学の教育・研究でトップを走り続けるJHHを再確認し、日本の医学生・医師のチャレンジを期待してやみません。
(文責:医学部病理学教授 佐々木 惇)


全 22 件中 1 〜 5 件目を表示 1, 2, 3, 4 ...5

次の5件 »